自作パソコン組立前の確認事

自作パソコンの組み立て前に、自作用に選んだケースやパーツ等の確認をしてみましょう。このページでは、その確認項目の紹介です。

自作パソコン組立前の自作パーツ確認項目

マザーボードの中身(付属品)の確認

自作用にマザーボードを購入した場合、マザーボードの箱には通常IDEやフロッピーのフラットケーブルや、I/Oパネル、マニュアル、マザーボードのドライバや付属ソフトのCDが付属しています。
マザーボードの種類によっては、USBやIEEEのケーブル等も付属していますので、マニュアル等で確認しましょう。
また、付属品に不足があったら、自作用のマザーボードを購入したショップに持ち込みましょう。

マザーボードの確認

マザーボードを自作パソコン用のケースに組み立ててしまうと確認がしづらいので、自作用パソコンを組み立てる前にマニュアル等を見ながら、ケーブルのコネクタを接続する位置や、ジャンパーの位置を確認しておきましょう。

自作用ケースの付属品の確認

自作用のケースには通常組み立てに使用するネジ一式が付属しています。また、電源ユニットが付属し組み込まれているケースもあります。これも確認し、不足があったら購入したショップに言いましょう。

自作用パーツの付属品の確認

その他の自作用パーツもバルク品(箱なし)なら付属品は無いですが、BOX品(箱入り)であれば、マニュアルやドライバCD等が付属しています。不足がないかきっちり確認しておきましょう。

Valuable information

川口タカシ
http://ameblo.jp/kawaaaaa/

2017/1/24 更新