ドライブ類の取り付け

自作用パソコンケースに各種ドライブを取り付けていきます。自作用パソコンケースにどうやって取り付けていくか説明します。(´▽`*)

ドライブ類の取り付け方

ドライブベイのカバーを外す

光学ドライブやフロッピーディスクドライブを設置する箇所の、自作用パソコンケースのドライブベイに付いてあるカバーを外します。内部に金属のカバーがある時は、ニッパーで切り取ったり、ラジオペンチなどでねじり切ったりして取り外します。

 

ドライブのジャンパーピンを設定する

IDE接続する光学ドライブやハードディスクドライブは、ジャンパーピンの設定をする必要があります。
IDEに接続する1台目のドライブをマスター(Master)、2台目のドライブをスレーブ(Slave)といいます。
設置するドライブが1台の時はシングル(single)に、2台の時は1台目はマスター(Master)、2台目はスレーブにジャンパーピンを設定します。(ドライブのメーカーによっては、シングル(single)とマスター(Master)が共通の場合もあります。)
ジャンパーピンの位置については、ドライブやメーカーのWEBに記載されています。
また、シリアル接続の場合はこれらの設定は必要ありません。このことから、自作パソコンを自作する方々はシリアル接続を好んで使います。

 

ドライブを自作用パソコンケースに取り付ける

・光学ドライブ・フロッピーディスクドライブ

各ドライブを自作用パソコンケースの前面から差し込み、前面が出っ張らない位置に合わせ、ミリネジを使用してケースに固定します。最近の傾向は自作パソコンを自作する時はフロッピディスクは装着しないという人が多いです。

 

 

・ハードディスクドライブ

3.5インチベイの下にあり、自作用パソコンケースの内部にあるシャドウベイに内側から差し込みインチネジを使用してケースに固定します。この時、ケーブルの位置やハードディスクドライブ自体の排熱を考えて設置する位置を決めましょう。